031

久しぶりの王道RPGのルナシルバースターストーリー。

声優さんも豪華で中々に面白いゲームでした。

もっとも最終局面まで途中から誰がラスボスで、
ストーリーはどうなっていくのかなんとなくイメージができてしまったのが
ちょっと残念だったのですが・・・。

概要

ジャンル:ロールプレイングゲーム
発売元:角川書店
発売日:1996年10月25日

感想・レビュー

物語は女神アルテナの恵みを受けた「LUNAR」という
いわゆる魔法を使うファンタジーの世界のお話です。

北方の開拓民の村ブルグで、主人公のアレス、幼なじみのルーナ、
村長の息子のラムスが白龍の洞窟に冒険の旅にでることからはじまります。

ここまでで、ストーリー的に説明書をきちんと読んでおくのと、
始まったばかりの場所で会話を聞いておかないと何のことだか
わからないとなってしまいますが、丁寧な作りなので
ゆっくりと進めていけばゲームを楽しめるでしょう。

いきなりのネタバレですが、
途中で出てくるレイクというおっさんはドラゴンマスター・ダインです。

で、その親友だったガレオンが今作のラスボスです。

あまり、ネタバレし過ぎるとよくないのでここまで。

主人公と幼なじみの関係もそうですが、
周りのキャラクターの関係性や会話も楽しめるので、
長く遊んでいても飽きがきませんでした。

ゲームの感想としていうと、普通に王道のRPGといった感じで、
誰でも楽しくプレイできると思います。

ただし、ある程度ストーリーの展開予想が
できてしまうのがちょこっとだけ不満点ですね。

しかしながら、イベントシーンでは
声優さんが会話を盛り上げてくれているのはポイントが高いです。

声優が好きな人にとっては結構豪華な顔ぶれですので、
ぜひチェックしておきたい作品です。

私はセガサターン版でプレイしたのですが、
ほかにもPS版、PSP版とありGBA版などのほかもまたありと
結構いろいろな機種に移植されています。

ちなみに、この物語の続編も発売されていてガレオンはそこでは味方になっています。

「LUNAR エターナルブルー」という名前なのですが、
こちらをクリアした後にプレイすると面白いですよ。

ぜひ、やってみてください。