010

宇宙船の中で見えない敵を避けつつ、
解決策を探って様々な場所へいくというエネミーゼロ。

「ワープ」の飯野賢治さんが作成した話題作の1つです。

概要

ジャンル:インタラクティブ・ムービー
発売元:ワープ
発売日:1996年12月13日

感想・レビュー

このゲームの敵は見えません。

見えない敵をVPSという生態探知機と
エネルギー銃を頼りに撃退しながら
ゲームを進めていかなければなりません。

これが難しいんですよ、ほんと・・・。

何度倒すのに失敗してゲームオーバーになったことか・・・。

ストーリーとしては、保管されていた生物兵器が、
脱走して貨物線の中で暴れまわっているというお話です。

で、それをどうにかしながら逃げ延びて地球に脱出しようとするもの。

以前、映画でみたエイリアンのようなストーリーですね。

このゲームはホラーゲームなのですが、
正直それほど怖くはありません。

アクションとアドベンチャーのパートが別れているからでしょうか?

ただ、密閉された空間の極限の世界を
上手に描いているとは思います。

多分多くの人はクリア前に見えない敵を倒せなくて
何度もゲームオーバーで詰まってしまって投げてしまうと思います。

私なんか100回は確実にゲームオーバーしています(笑)

それで、1度投げ出して、しばらくやっていませんでした。

その後、もう1度やり始めてやっと攻略できました。

クリアした時はドッと疲れがでたのを覚えています。

ちなみに、セーブはボイスレコーダーというものにするのですが、
これが電池式でセーブやロードできる回数が限られています。

これがまた厄介なのですが、タイトル画面からロードするときに
ストーリーのダイジェストをローラ・ルイスの声(駒塚由衣さん)が
読み上げてくれるんですが、あれを気に入っていました。

でもバッテリー残量に注意しないとまた、最初からということに・・・。

すごく難しいゲームですが、やりがいはあると思います。

興味がでたらぜひプレイしてみてください。