sagokusi4

「三国志Ⅳ」の紹介。

三国志シリーズはこの後もずっとでていますが、個人的にはこれが1番です。

一騎打ちのかっこよさとキャラクターの顔グラがいい感じでした。

概要

ジャンル:歴史シミュレーションゲーム
発売元:光栄
発売日:1994年12月9日

感想・レビュー

三国志シリーズは信長の野望シリーズと同じく、
歴史シュミレーションゲームとして光栄で
多くのファンを獲得し長く愛されているゲームです。

その4作目がこれ。

このゲームは一騎打ちというシステムが導入されて、
野戦か、攻城戦で門を打ち破った時に行われます。

これがかっこいいんですよ、
それぞれ名乗りを上げて馬を進めながら矛を繰り出したり、
逃げる相手に対して矢を射掛けたりします。

いろいろとドラマチックな演出が期待できるし、
単純に武力が高いだけでは勝てない場合も多く
どんでん返しも期待できる面白いシステムです。

また、落雷という超強力な特技を覚えることもあり、
これを習得すると「天変」→「落雷」のコンボで
何倍もの敵を撃退することもできます。

それと、基本は火計を多く用いるゲームで、
野戦でどれだけ火計と風向きを操るかで
勝負が決まると言ってもいいでしょう。

内政システムも面白く、
政治力がある人と予算を充実させても
すぐに都市も治水や開墾、商業といった数字が上がらず、
少しずつ年月をかけて上がっていくシステムを採用しています。

また、史実の武将だけでなく、
自分でキャラクターを作ることができるのも魅力の1つです。

自分の名前をつけたキャラクターを
能力値を高めに設定する人は多いはず・・・。

そして私が1番好きなのが音楽。

たまに、ニコニコ動画の三国志4のBGMを
かけながら他の作業をしています。

今でも十分に楽しめるゲームになっていますので、
ぜひやってみてください。