009

このゲーム、弟が買ってきて遊んでいたのを
ずっと横で見ていたのですが、
思いの外、凝った作りのゲームで見るだけで楽しかったです。

概要

ジャンル:シミュレーションRPG
発売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
発売日:1995年6月30日

感想・レビュー

主人公のアークがある日勇者の血に目覚め、
世界の危機を救うために神の遺産「聖櫃」の封印をとくために
必要な5つの「精霊の石」をもとめて旅にでる。

というのがおおまかな話です。

非常にベタな展開なのですが、
このアークザラッドシリーズって結構エグイ描写が多いし、
敵がえげつないというか、ベタな展開でも
普通に大人も楽しめるストーリーです。

戦闘シーンも独特で固定のマップの中で、
移動しながら敵を倒していく
シュミレーションに近いタイプのゲームです。

このゲーム、ラストでがんばって手に入れた「聖櫃」を
スメリアのアンデル大臣に奪われてしまいます。

で、続きはアークザラッド2に続くわけです。

ここらへんが普通のゲームと違って
めでたしめでたしで終わらないのがいいですね。

さらにやりこみ要素も満載で
クリアデータを次回作に引き継がせることができます。

続編を含めて楽しみたい場合は
きっちりレベル上げなどをしておいたほうがいいかもしれませんね。

ウィキペディアのアークザラッドのページを読むだけでも
結構練られたストーリーだということがわかると思います。

たくさんの続編と小説、漫画、アニメと
アークザラッドシリーズは楽しめるので、
腰を据えてゲームをやってみてはいかがですか?