013

ファミコン版のセプテントリオンが名作と聞いて、
プレイステーション版を購入してみたのですが、
これが大失敗。

リメイクではなく、まったく別の作品です。

操作性も悪いし、
攻略本もないのでどうすればいいのかもわからないで、
途中で詰まってしまいました。

未だにクリアはしていません。

概要

ジャンル:アクションアドベンチャーゲーム
発売元:ヒューマン
発売日:1999年3月11日

感想・レビュー

一番初めに操作するのはゲルハルト・ブラウンという航海士です。

コンピューター制御の豪華客船が爆発して沈没し始めるところからはじまります。

はじめに登場する船長のマイケル・ロング。

こいつがいかにも悪者っぽく怪しい雰囲気があるのですが、
プレイしている間こいつに遭遇することができませんでした。

多分、ラストあたりで遭遇するのでしょうが・・・。

機関長のナイジェル・カーターや船のオーナーなど、
いろいろな人と客船の中で遭遇しつつ、上の階まで登り続けて
多くの乗員を救い続ける途中で、私の場合は詰まってしまいました。

途中の機関室?だったかな、そこで何かをするというのがあったのですが、
やり方がわからないし、時間がどんどん経過するしで攻略できないまま、
体力も減ってゲームオーバーです。

悔しいので、時間があれば、また攻略して
今度は必ずクリアまで行きたいですね。

ただ、まあ、ファミコン版の奴と違って、
操作性はもちろん、ストーリーなんかもちょっと・・・。

多くの人が低評価のクソゲーとするのもうなずけます。

購入するならファミコン版にしておきましょう。