gokuuden

「ドラゴンボール3 悟空伝」の紹介。

この3の前に2があるんですが、クリリンの死体を発見するシーンがトラウマになってドラゴンボール系のゲーム全般に苦手意識をもってしまって弟がしているのを横でそっとみていました。

だからプレイはしていません。

概要

ジャンル:RPG
発売元:バンダイ
発売日:1989年10月27日

感想・レビュー

このゲームはポーカーというか、
ドラゴンボール特有のカードの数字の強弱で、
攻撃や防御のダメージが決まってしまったり、
移動距離が決まったりと運の要素が強い部分があります。

そこが見ている分には面白いし、
やっている時には、いらいらする部分がでてくるんですが、
私は弟のやっているのを横で漫画を読みつつ見ていて、
ストーリーだけをおっていました。

少年時代の悟空からはじまって、
大人の悟空が天下一武道会でピッコロ大魔王に対して
超かめはめ波を放ったシーンが成功した時はめっちゃ感動しました。

当時は確か、漫画がラディッツ編が終わって、
ナッパやベジータとの戦闘が繰り広げられているところだったかな?

学校で友達との話題はだいたいがドラゴンボールでした。

その当時から本当にすごい人気でしたからね。

ジャンプが本屋にいってもすぐに売り切れていて
悔しい思いをした経験がある人は
私と同じ世代の人はかならずいるはずです。

話を戻して、このゲームではラディッツが隠しキャラとして
登場し闘うことができます。

方法はエンディングの時にカードが裏返って
キャラクターの紹介みたいなことがおこります。

そのときにラディッツの時にAボタンを押すとできます。

かなり一瞬ですので気をつけて下さい。

ちなみにアラレちゃんもいますよ。

両者ともに隠しキャラだけあって強いので、
がんばってください。