ff1

「ファイナルファンタジー」の紹介。

このゲームは2や3の後にやったので途中で飽きてやめた記憶があります。

ゲームシステムが古臭く感じたんですね。

確か途中のヴァンパイアだったかな?そこら辺までやった記憶があります。

概要

ジャンル:RPG
発売元:スクウェア
発売日:1987年12月18日

感想・レビュー

ファイナルファンタジーの初代の作品です。

私がこのゲームを知ったのは田舎ででした。

中古ショップにあったものを
まとめ買いした一つにこれがありました。

やってみると、
いきなりマップ上からはじまって
何がなんだか分からない仕様になっています。

で、キャラクターのすぐ上に街と城があるので、
いってみると、城の北側のボスを倒して来いとかいわれて
わけもわからずに進めていきました。

ストーリーももうおぼろげながらしか覚えていませんが、
その後いろいろあってジョブチェンジしたあたり、
たしかヴァンパイアを倒すぐらいのところで飽きてやめてしまいました。

初代FFをやる前にFF3をクリアしていましたから、
操作性などにイライラしていましたし、
中古のもので強いセーブデータがあってそちらで
適当にいろいろなところを巡ったりしていたのでやる気がなくなってしまったんです。

今にして思えば、きちんとクリアして
おいたほうがよかったわけですが、
最近はこういったレトロRPGをクリアする気力もないし
多分もうやらないでしょう。

ウィキペディアでストーリーを読んで満足してしまっている
今の自分を振り返ってもこのゲームを
やっていたころからずいぶん年をとったなぁと物思いに耽るのでした。