tyairuzukuesuto

「ラサール石井のチャイルズクエスト」の紹介。

いわゆるRPGの中でもいまでも異色と思える作品であり、癖がかなりあるので人を選ぶものでもあります。

途中までは根気よく続けていましたが、だれてしまったのでクリアできませんでした。

概要

ジャンル:RPG
発売元:ナムコ
発売日:1989年6月23日

感想・レビュー

芸能人のラサール石井さん、
このゲームが発売された頃はこち亀の両津の声をアニメでやる前、
確か平成教育委員会よりもずっと前の頃ですね。

当時の私はラサール石井といわれても、
誰だよと思っていたんですが、
チャイルズクエストについては友達のうちにあったので知っていました。

ゲームのストーリーはプレイヤーが
芸能会社の社長から3人のアイドルの卵のマネージャーとして
全国規模の有名なアイドルに育て上げろと命令を受けて奮闘するというものです。

それがなぜかRPG風なゲームになっていて、
街から街へと渡り歩き、レベルを上げながら人気と実力を上げていき、
ときおホールというところでイベントを成功させればクリアです。

ちなみにこのアイドルの3人の中には、
磯野貴理子さんが「きりこ」というキャラクターとして登場します。

このゲームはほかのRPGにない要素があり、
アイドルたちがマップ上でにょういというものを催してしまいます。

一定以上の時間が経つと発生するんですが、
その場合は街のトイレにいくか、おむつを使うかと
まあ、今じゃあるまじきとんでも設定なわけです。

また、3人それぞれにフマンドというものもあり
100を超えると社長に雷を落とされて強制的にやり直し・・・。

それを抑えるためにまほうかレストランの食事と
めちゃくちゃめんどくさいわけです。

戦闘シーンも残虐なものでもなく、
ギャグ要素満載です。

ただ、このゲーム途中から飽きるんですよね。

基本はレベル上げやアイドルたちのイベントなどで、
デパートの屋上にいったり、アイドルたちをなだめすかしたり・・・。

実際のマネージャーもこんな感じだったら、
イヤだな~、と思えるほどの忙しさと面倒くささで、
私は中盤の街についた時点でやめてしまいました。

中古ショップで手に入れたものなので、
セーブデータが残っていてそれをもとにラストからエンディングまでみましたが、
これを根気よくやった人に対して、ありがたみを感じました。

それ以降はやっていません。

今後は気が向いた時に動画を見たり、
実際にゲームをするくらいでしょう。

その日が訪れるかはわかりませんが・・・。