040

女剣士アスカというゲームはトルネコの大冒険シリーズの
風来のシレンの派生バージョンのような形でだされたものです。

正直トルネコの大冒険でお腹いっぱいだった私は、
弟がやっているのを横で見ているだけのゲームでした。

概要

ジャンル:ローグライクゲーム
発売元:セガ
発売日:2002年2月7日

感想・レビュー

物語は天輪国で鋼賀という忍び集団が
近隣の村人や旅人を遅い荷物を奪うという事件が頻発しているところに、
主人公の風来坊のアスカが訪れるところからはじまります。

人語を理解するコッパというイタチと風来のシレンの主人公シレンにあいに
十六夜の里にきたアスカがコッパと再開するところからスタート。

と、ストーリーがありますが、
このゲームはストーリーよりもダンジョンのほうが重要ですね。

入るごとに毎回変わっているダンジョンを
上手にクリアすることでゲームが進んでいきます。

武器や防具、道具を揃えたりして、
有利にダンジョン攻略を進めることがクリアの近道です。

このトルネコの大冒険から続く「不思議のダンジョン」系の
ゲームはストーリーは変えることができても大元のシステムは
ほとんど変わっていません。

私はやり込む時間によって使うキャラクターが強くなっていくほうが
好きなので、この手のダンジョンを出た後、また弱くなるタイプの
ゲームは正直いって苦手です。

このゲームもあまり遊ばなかったですが、
ストーリーとしては良く出来ていると思います。

このレビューを書くにあたって色々調べましたが、
「鋼賀編」のほかに「八魔天編」があったりエンディングも複数あるなど
非常に物語として長く楽しめるように工夫が凝らされています。

この手のゲームは嵌まればずっとやり続けられて
時間を忘れて遊べます。

プレイするのが苦痛の場合は動画視聴でもして
ストーリーを楽しみましょう。